4.画像処理 CMSに精通した4人の技が、画像の説得力を強めます。

異なる出力環境での色表現を統一管理するCMS(カラーマネジメントシステム)

デジタルカメラ、スキャナ、モニタ、カラーコピー、プルーフ、
枚葉印刷機、オフセット輪転機… 印刷会社には多種異なる出力環境が存在します。
それらを通して画像を中心とした色の統一管理をおこない想定したイメージに近づけるのが
カラーマネジメントシステムです。
弊社ではプリプレス課の画像処理チームがCMSの知識を基に画像調整を行います。

もっと美味しそうに魅せる技。「食」の表現には自信があります。

様々なカメラマンがそれぞれのライティングで撮影した個性ある画像データも、
印刷する紙を想定して、画像に技を加えます。
特に画像の善し悪しが売上を左右する「食」は
多くのご要望にお応えし、実績を積み上げてきました。

Before画像

After画像

社内フォトグラファーとの連携で光と影をより効果的に操ります。

社内のフォトグラファーと常に新しい技術の情報交換や相談を行い
質の高い表現を求めて連携をしています。
撮影条件により実際に表現できない光や影もこの連携により表現でき、
お客様の意向を汲んだ仕上がりに近づきます。

画像処理は月平均約3,500点、一日平均約150点の実績。

数百ページあるカタログの大量の画像調整、
品質とスピードが要求される流通チラシの画像調整、
また、難易度の高いレタッチ処理など4人の画像処理チームがお客様の要望に対応します。
また、内容に応じ海外とのコラボレーションを行い
スピードとコストのハイパフォーマンスを実現しています。

田宮印刷五力「画像処理」