ご挨拶

今年で当社は創業109年目になります。

あらためて創業者田宮五郎が、開業の時にお客様にお出しした書状を見てみました。五郎が手刷機で印刷した書状には、「価格は低廉で速やかに印刷するので、多少に関わらず申しつけください」と言った内容が書かれています。

印刷物の需要はここ20年近く減少し続けています。原因は、iPadに代表されるITC技術の進展と通信技術の高度化、社会構造の変化(人口減少・少子高 齢化)とされています。また供給面でも競争の激化や印刷機械の高性能化、また新しいインターネットを駆使した業態が生まれるなど、既往の印刷会社に過剰感 が出ています。

当社においても経営環境はますます厳しくなっている、こんなことを考えていると、さきの創業者の言葉が今の時代でも真実を語っていると思われてきました。経営理念にあるお客様のため、社会のために田宮印刷は存在していくという決意です。

地域のお客様のために、お客様の情報発信・販売促進をお手伝いする。そして価格もお客様の納得していただける価格でなければならない。安値競争だ、過当競争だ、などという言い訳は業界の中だけの話なのでしょう。

当社は営業3年計画をスタートしました。目標は地域シェアNO.1です。ただこれは売上金額を上げて達成しようとしているわけではありません。同業者の皆さんとも協力しながら、地域のお客様の情報発信・販売促進のお役に立てる会社NO.1をめざすというものです。

実力のほどはまだまだで、お客様に失望されることもあるかもしれない、そんなご迷惑をかけたとしても、私たちは「お客様のお役に立ちたい」、こんな気持ちで日々精進していきます。

代表取締役  菅野隆

代表取締役 菅野隆

経営理念

社員にとって 働き甲斐のある企業となる(社員満足度の高い企業となる)

お客様に 役に立つ企業となる(顧客満足度の高い企業となる)

社会に 役に立つ企業となる(社会への貢献)